斎藤工が注目しているゲストをお迎えしたり、
友人でもあるタクミズムパートナーと喋り倒したり、
最新の出演作や監督作をいち早く語ったりと、
斎藤工の今が詰った30分です!

Every Sat. 24:30~24:57

4/29のTAKUMIZM

2023/4/30 UP!

今夜は、ちょっと面白いテレビ番組に参加してきた

エピソードを披露しました。

中京テレビの特番で「こどもディレクター」と言う番組で

子供が自らディレクターになって

両親を取材・そして問題解決をしてもらうファミリーバラエティ。

以前、タクミズムにゲストでご登場いただいた上出遼平さんが

ブレーンとして参加しており、上出さんのエッセンスが染み出ているそう!

「どんな年代の人も誰かの子ども」。

改めてそんなことを感じた今夜だったのでは??

4/22のTAKUMIZM

2023/4/23 UP!

作品でバトンをつなぐ「別府短編映画制作プロジェクト」

第三弾として監督した短編映画「縁石」についてお話ししました。

70年以上にわたり、ミニシアターの文化を守ってきた岡本照館長、

そして、別府で暮らす人々への想いをこめたこの作品。

「別府ブルーバード劇場」は

色んな映画監督や俳優が照さんに会いたくて昔から集まる場所で

映画人のパワースポット的存在のようです。

別府にお出かけしたら、ぜひブルーバード劇場へ立ち寄り

映画「縁石」をご覧いただけたらと思います。

この映画を目的に、別府でゆっくりと休暇を過ごすのも

いいですね!

4/15のTAKUMIZM

2023/4/16 UP!

香港レポート第2夜。

沢木耕太郎さんの深夜特急、ウォンカーワイ作品と、

今の自分に繋がるカルチャーが香港にあるそうです。

そんな作品たちのご紹介を。

ベニー・チャン、ダニエル・ウー、仲村トオルさん、國村隼さん、

サム・リーの「メイドインホンコン」が大好き。

(映画「ピンポン」では、チャイナという役をやっていた。)

ジョニー・トー「マッド探偵7人の容疑者」、

イー・トンシン「ワンナイト・イン・モンコック」、

フルーツ・チャン「3人の夫」「ドリアンドリアン」「フルーツ革命」、

(数年前の東京国際映画祭で「3人の夫」が数多くの受賞をしていた。)

その時、HBOのフードロアのプロジェクトに参加しました。

エリック・クーが来日していたので

3人で渋谷の和食屋さんでご飯を食べたそうです!

4/8のTAKUMIZM

2023/4/9 UP!

今夜は22年ぶりに訪れた香港でのレポートをお届けしました。

最後に訪れたのはミレニアム前後、

収録は週末で賑わうセントラルを散歩しながら行いました。

朧げな記憶と照らし合わせながら旅したようで、

見覚えのある場所はあるけれど、

それは映画の中でのシーンだったのかも、と曖昧。

2019年の大きなデモ、

2020年からは、積み上げてきたものとは違う方向に

進んでいるのが感じられたそうです。

一見する分には普通なのに、現地の方と話すと失ったもの、

声なき声が聞こえてきたとか。

苦しみ、悲しみ、あきらめも含めたものも強く感じた滞在のようでした。

来週も香港編をお送りします。

4/1のTAKUMIZM

2023/4/2 UP!

今夜は、漫画企画の最後を飾る、斎藤工オススメの漫画

「BLUE GIANT」をピックアップしました。アニメ映画も公開中!

読んだ方ならわかると思うのですが、

「ジャズのメロディが聴こえてくる漫画」です。

映画化されたことで、ストーリーに出てくるJASS(主人公のバンド)

オリジナル楽曲を実際にサントラで聴けるのも、また楽しみのひとつ。

プロのジャズミュージシャンたちが臨場感を煽る演出で楽しませてくれます。

音楽は、世界的ピアニスト上原ひろみさんが担当。

“映画館がライブ会場になったような感覚になるほどの迫力!”と、

話題になっているので、ぜひ劇場で観たい映画です。

今夜お送りした楽曲は、サントラから

  • FIRST NOTE(JASS初めてのオリジナル曲)
  • WE WILL(雪祈が作曲が好きだと気づいた場面の曲)
  • N.E.W(主人公・大がピアノ・雪祈をライブ中に煽るシーンの楽曲)

でした。

サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 6/15のTAKUMIZM

    今夜は株式会社バクテリコの菅沼名津季さん、 放送作家のはしもとこうじさんをお迎えして 「腸内フローラ再検査・結果発表会」を行いました。 1年前に行った時は、 斎藤工の腸内は、……

    2024/6/16
  • 6/8のTAKUMIZM

    プロデュースを務めるドキュメンタリー映画「大きな家」、 そしてハリウッド映画『When I was a human ボクがにんげんだったとき』の 営業活動のために出かけた第77回カンヌ国……

    2024/6/9
  • 6/1のTAKUMIZM

    先日、第77回カンヌ国際映画祭が行われたフランス・カンヌに 行ってきた様子を「タクミズムfrom カンヌスペシャル」と題し、 現地でのレポートをお届けしました。 レポートの途中で、……

    2024/6/2
  • 5/25のTAKUMIZM

    アンバサダーを務めた「大阪コミコン」について報告しました。 黒澤明さん監督の映画「生きる」の志村喬さんのコスプレで登場。 そしてマッツ・ミケルセン、トム・ヒドルストン、ノーマン・リーダス……

    2024/5/26