斎藤工が注目しているゲストをお迎えしたり、
友人でもあるタクミズムパートナーと喋り倒したり、
最新の出演作や監督作をいち早く語ったりと、
斎藤工の今が詰った30分です!

Every Sat. 24:30~24:57

11/25のTAKUMIZM

2023/11/26 UP!

今夜も構成作家・脚本家のはしもとさんとスタジオからお届け。

2人が手がけている短編映画「百歳漫才」。

フコク生命100周年を記念して作られた映像作品ですが、

作品の最後の仕上げ作業、MAの現場を

斎藤工自らが録音した様子とともに、生々しくお送りしました。

拍手を消す、「その時」を「この時」に、言いよどみを消す、など

魔法のような作業を音で感じていただけたでしょうか?

「百歳漫才」は、12月2日(土)12:30からオンライン配信となります。

30分くらいの作品です。

100歳(以上)の方の元気な魂が伝わる作品です。

みなさん、ぜひぜひご覧ください。

ディレクターは感動で泣きました!

11/18のTAKUMIZM

2023/11/19 UP!

今夜はTAKUMIZMブレーンでもある

構成作家・脚本家のはしもとこうじさんと一緒にお届け。

先週お送りした最新の映像作品は、

フコク生命100周年イベント用の短編映画「百歳漫才」です。

アンバサダーを務めていますが、

記念すべき作品を監督することとなり、

はしもとさんとずっと準備してきたようです。

この作品にご出演されている東京ホテイソンのたけるさんから

コメントもいただきました。

監督の腰の低さに恐縮しかりだったという、たけるさん。

最初の撮影後に、何も言わずに笑顔でグーサインをくれた監督に

めちゃくちゃグッときたそうです!

11/11のTAKUMIZM

2023/11/12 UP!

年末に向けて俳優業が忙しい最近。

が!それとは別に、映像制作も引き続き進行中です。

今夜は、ただいま仕上げの作業に入っている作品の現場に、

タクミズムスタッフが潜入。

普段はスポットの当たらない「作品の裏側」を少しだけ紹介しました。

当日は「グレーディング」という

作品全体の色の調整を行う作業。

実は、この作品に関わっているTAKUMIZMブレーン

構成作家・脚本家のはしもとこうじさんもいらっしゃいました。

「ナレーションは立ち会うことはあるんですが、色味は初めて。

何するかわからないで来た。すごい部分部分で色を変えられたり、

こんなことができるのかと勉強になった。色の調整、結構変わるんだなと。」

との感想を話されていました。

11/4のTAKUMIZM

2023/11/5 UP!

今夜は11月1日まで開催されていた「第36回東京国際映画祭」で

鑑賞した作品について、たっぷり語りました。

今年は例年以上にいくつもの作品を鑑賞したそうで、

中でもドイツの異才ファイト・ヘルマー監督が全編セリフなしで描きだした

『ゴンドラ』には、映画への可能性を感じたのだとか。

映画祭には、ぜひもっとたくさんの方に足を運んで欲しいと

以前から語っていますが、

今年は自身が満足できるほど、さまざまな作品に触れ、

新しい刺激をもらえたそうです。

サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 6/15のTAKUMIZM

    今夜は株式会社バクテリコの菅沼名津季さん、 放送作家のはしもとこうじさんをお迎えして 「腸内フローラ再検査・結果発表会」を行いました。 1年前に行った時は、 斎藤工の腸内は、……

    2024/6/16
  • 6/8のTAKUMIZM

    プロデュースを務めるドキュメンタリー映画「大きな家」、 そしてハリウッド映画『When I was a human ボクがにんげんだったとき』の 営業活動のために出かけた第77回カンヌ国……

    2024/6/9
  • 6/1のTAKUMIZM

    先日、第77回カンヌ国際映画祭が行われたフランス・カンヌに 行ってきた様子を「タクミズムfrom カンヌスペシャル」と題し、 現地でのレポートをお届けしました。 レポートの途中で、……

    2024/6/2
  • 5/25のTAKUMIZM

    アンバサダーを務めた「大阪コミコン」について報告しました。 黒澤明さん監督の映画「生きる」の志村喬さんのコスプレで登場。 そしてマッツ・ミケルセン、トム・ヒドルストン、ノーマン・リーダス……

    2024/5/26