三方を海に囲まれる房総半島に位置する千葉県。
首都圏からのアクセスもよく、
通勤圏でありながら海や里山の豊かな恵みをあわせもち、
自然とともにある生活を楽しめるエリアです。
そんな「千葉の魅力」を支えるさまざまな活動や
想いムーブメントなどにスポットを当て、
現地取材の声も通して「魅力あふれる千葉」をご紹介していきます。

毎週月~木 18:35頃~「YOU 遊 チバ」はこちら
※「YOU 遊 チバ」は、ミンナノチカラ~CHIBA~と連動し週ごとにさまざまなテーマで千葉の魅力をお届けしているコーナーです。

Every Fri. 18:45~18:59

第157回 千葉でタイムスリップ 江戸の街並み「流山本町」

2023/6/30 UP!

流山市は人口増加数、7年連続県内1位!子どもも増えて注目されています。今回はそんな流山市内の、古くからの街並みが残る「流山本町」に注目してもらい、観光スポットにしていこう!と活動しているみなさんの取り組みを ご紹介します。

株式会社流山ツーリズムデザインの門脇(かどわき)伊知郎(いちろう)さんにお話を伺っています。最初に、門脇さんがこの流山本町のまちづくりに関わったきっかけを伺いました。

門脇さん:株式会社流山ツーリズムデザインは、観光の面から街作りをして行くような会社ですね。10年ちょっと前だと思うんですけど、当時旅行会社に勤務して「地域の活性化」とか、そういうことを仕事にしてました。当時の流山市の観光の担当されてる方にアドバイザーとして、ちょっと呼んでいただいて来たところが付き合いの一番始まりですね。この流山本町というエリアの活性化という課題があって、そこにアドバイザーとして入って、地元の方とか、地域の方と一緒に仕掛けを行ったっていうところが始まりです。 

門脇さんは、長年・大手の旅行会社に勤められ、その間に地方の魅力を開発していくというお仕事をいくつか手掛けてきたそうです。例えば、ご当地グルメの祭典B1グランプリ第10回で「熱血!! 勝浦タンタンメン船団」が1位を獲得していますがそのバックアップをされたりもしていて、そのお仕事ぶりから、活性化を考えるいろいろな地域から相談をもちかけられる存在でした。そして流山市役所からもお声がかかったんですね。

流山市役所には、全国でも珍しく、市内で限定された地域の観光に特化した専門部署、「流山本町・利根運河ツーリズム推進課」というのがあって、そこと、門脇さんがいらっしゃる民間の会社がタッグを組んで、いろんなことを進めているのだそうです。ではその、流山本町の魅力、歴史についてはどうなのでしょうか?

門脇さん:流山本町の売りはやはり歴史なんですけど。江戸時代の中期あたりからですね、江戸川を使った船の輸送ですね・・舟運業で栄えたエリアで、実は、明治に入って、廃藩置県というか千葉県が出来上がる頃もっとも栄えた街と言われるぐらい当時の名残も残っててですね。実は地元の小学校も150周年で、ほぼ千葉県で一番古い小学校があるようなエリアなので。その時に栄華を迎えていたところの文化だったり、いろんなことが残っているエリアなので。そこをうまく今の人たちに伝えられるようなことが強みになるのかなと思ってます。当時から残ってるかっていうような古民家が、まだ・・もう全部は残ってないんですけど、まだいくつか残ってて国の重要文化財に指定されるような建物もいくつか存在しています。基本は木造建築ですけれども、あのあとは蔵なので土蔵だったりっていうような造りが多いと思いますね。

古民家の佇まいの建物でも、人が住まわれていたり、お店や倉庫として使われたり現役のものが多いそうなんですが、このあたりは裕福な家が多く、再開発の必要性もなかったので、そのまま来てしまったのではないかと門脇さんはおっしゃっていました。実際、取材にいったスタッフも、今も高層建築が少ない街並みを歩いて地元の人たちが「そのままの流山本町の姿」を残したかった気持ちがわかるような気がしたそうです。

江戸時代以降、水運の物流拠点として栄えていた流山本町。その魅力を磨き上げて、たくさんの人たちに見てもらおうと活動する流山ツーリズムデザイン。夕方以降の時間帯がおすすめの景色があるそうです。

門脇さん:一番はその行灯言いまして、まあ昼間は 電気が付いてないあまり目立たないんですけど、夕暮れから夜になると、その行灯の灯りが灯ってですね、その行燈一つ一つにも実は切り絵が入っていまして、全く同じ行灯が実は一個もない。切り絵が全部デザインが違う。で、地元のいらっしゃる切り絵作家さんがその行灯もたってるその場所の家の方とかにいろいろ歴史を聞いて、それに合わせて切り絵を作ってるんですけど。今、多分、このエリア内で百基以上あります。それを見て回るだけでも。結構またあった、まったあったなんて言いながら歩いていただけるお客さんもいますし、あとところどころに ちゃんとサインも一応出させてもらってるので、歩いてても楽しいかなと思いますけど。

この切り絵は飯田(いいだ)信義(のぶよし)さんという市内在住の切り絵作家さんによるもので、行灯に灯がともると優しく絵柄のシルエットがはえる仕組みになっています。その数は100を超えています。駅前にはどこにどんな行灯があるのかを記した掲示板も立っています。

実は、門脇さんの会社ではこうした提案をするだけでなく、実際に築133年の国登録有形文化財の古民家を購入し、日本茶カフェ「葉茶屋 寺田園」というお店を昨年の夏にオープンし、運営していらっしゃいます。白みりん や地元の野菜を使ったメニューが評判で、人気のスポットとなっているそうですよ。人気のメニューは、葉茶屋寺田園オリジナルの「流山みりんのパイ生地シュークリーム」や「流山みりんの米粉豆乳シフォンケーキ」だそうです。みりんの甘さを生かしたスイーツで、日によっては午前中にも売り切れになってしまうこともあるそうなんです。こうしてお店の運営をすることで、同じようにこの流山本町の中で古民家や蔵を使ったお店をされている皆さんと同じ目線になることが大切で、「提案だけでなく、自分たちもやる」ことで、地域のみなさんとの連携が深まっていくと感じられているそうです。この5月には、初めての大型連休、どうだったんでしょうか。

https://www.instagram.com/hachaya_teradaen/

↑葉茶屋 寺田園のインスタグラムへのリンクです。

門脇さん:初めて迎えたゴールデンウィークだったんですけど、ここ数年のコロナ禍がまあ開けたというか少し緩くなってからの初のゴールデンウィークだったので、人も流れてましたし、地方からも、逆にその流山の親戚に会いに来たついでになんて言う方もいらしていただいて、オープン一番の盛況がゴールデンウィークにあって。あの周りのエリアほかのお店も皆だいぶ盛況だったっていう風に聞いています。個店というか、お店が単体でプロモーション、、SNSを中心に、独自でお客様を呼んでいたんですけど、今回に限ってはそのゴールデンウィーク全ての店に、お客様が来てた。っていうぐらいになると、そのエリアでどうやってお客さんを呼べるか・・・「その何なにってお店に行こう」ではなくて「流山本町に行ってみよう」っていうお客様をどれだけ増やせるかが、これからこのマーケットの安定と、あと新しい事業者さんの参入だったりとかっていうのを迎えられることにつながるかなと思ってます。

古民家の活用や白みりん発祥の地、など、流山本町の地域の価値の創造をこれからも門脇さんたちはもちろん、地域一体となって続けていかれるそうです。流山本町は流鉄流山線の終点、流山駅から歩いて5分ぐらいのところにあります。ぜひこの夏、タイムスリップ気分を味わいに流山本町にお出かけしてみませんか。

TOP

    https://ntd-event.com/

第155回 雨の日でも楽しいお出かけスポット 鴨川シーワールド

2023/6/23 UP!

「雨の日でも楽しいお出かけスポット」がテーマ。今回は、雨の日でも楽しい1970年10月に開園した「鴨川シーワールド」の見所をご紹介します。

鴨川シーワールド広報担当の三橋()()()さんにお話を伺っています。まずは、鴨川シーワールド、あらためてどんな施設かおききしました。水族館が果たす役割についても教えていただきました。

三橋さん:代表的なところで言うと、日本で2館のみ飼育しているシャチのパフォーマンスがやっぱり人気となっておりまして、他にもイルカ、ベルーガ、アシカのパフォーマンスの4つのパフォーマンスが楽しめる水族館になっております。他にもシャチを見ながらお食事ができるレストランや水の一生をテーマにした山の源流から海へと続く流れを再現したエコアクアロームという展示施設やトロピカルアイランドという南国をテーマにした水槽展示エリアなどがあります。水族館の役割としてまあ一つに種の保存というものがありまして、シーワールドの近くの海岸で毎年アカウミガメが産卵に来るんですけれども、台風とかで高波で卵が攫われてしまいそうになった場合は、保護してシーワールドで孵化をさせたら海へ戻すという活動を行っていたり。あとはシャープゲンゴロウモドキという水生昆虫なんですけれども、そちらは千葉県から委託を受けて繁殖をして。 元居た場所に戻すという再導入というのを行っております。

海の魚だけでなく、昆虫の種の保存にも協力しているんです。これは驚きですね。

そしてアカウミガメの産卵、孵化のサポート。通常は砂浜での産卵を確認したら、孵化までの見守りを行い、砂浜に自然の脅威が来そうな時は、保護して赤ちゃんを孵化させてから海に帰している。自然によりそって見守っているんですね。

屋外の施設やイベントに目が行きがちですが、屋内も実はかなり充実しています。

三橋さん:レストランオーシャンというシャチのパフォーマンスをやっているオーシャンスタジアムの下にあるレストランなんですけれども、そのシャチが泳いでる水中の姿を窓から見ることができて、その窓の近くにテーブルがあるので、そちらでシャチを見ながらお食事ができるレストランになっております。シャチも気になったことがあると ガラス面に近づいてきて、覗いて来てくることもあるので、向こうもはい見てると思います。魚類を展示しているエリアとしては、大きく二つの建物がありまして、一つがメインゲート入ってすぐにあるエコアクアロームというエリアなんですけれども、最初の水槽が滝、山の中の滝を再現した水槽になってまして。水っていうのはあの空から降ってきて山にふってその山から湧き水として出てきて川とかを通って海へと続くっていうのが水の流れですので、その山の源流から川であったりとか河口付近であったりを通して海へと続くという環境を再現しています。ため池にはコイがいたりとか河口付近にはイカがいたりとか場所に合わせて生物を展示しています。

海水魚だけでなく、コイなどの淡水の魚なども生きている状態で展示されていますさーっと見る事もできるんですが、これ、じっくり見れば見るほど面白いんですって。

「エコアクアローム」をご紹介しましたが、もうひとつの建物「トロピカルアイランド」では、そこからさらに南の海の方に向かっていく展示がされているそうです。どんなところなのでしょうか?

三橋さん:トロピカルアイランドは南の海をテーマにしてまして、最初、はいったところに、大きなヤシの木があって、実はそのヤシの木も実をつけたりするんですけど、そこからだんだんその砂浜から海に潜っていくみたいな感じで。最初砂浜には小亀とか 南国にいるような(映画の)ニモのドリーとかナンヨウハギといって青い魚がいたりとかを通して、坂道を下っていくと、一番シワールドで大きなな魚類の水槽がありまして、その水槽にはエイとかも泳いでいるので、水中散歩を楽しめるような 建物の造りになっています。ディスカバリーガイダンスという動物と触れ合えるプログラムがありまして。まあ、その先着順で有料のプログラムにはなるんですけれども、イルカにタッチをしたりとか、ご家族みなさまで笑うアシカと記念写真を撮ったりだとか、あとはサメとかエイにえさをあげられるプログラムもあります。 エイはお腹側に口がありますので、長い棒にえさをさしてでその棒をエイの口元に持っていくっていう結構レアな体験ができます。

エイに餌、楽しそう!エイってお腹側に口があるけど、なんかファンキーな顔みたいに見えるですね。あまり見たことない貴重な体験ですね。笑うアシカとの写真、これもなかなか普通は撮影できませんよね。あれ、そう見えますけど本当に笑っているんでしょうか?どうやって教えているんでしょうか?

そのほかの夏に向けてのお楽しみも伺いました。

三橋さん:ベルーガ別名シロイルカとも言うんですけれども、ベルーガの赤ちゃんが2021年の7月に二頭生まれまして、今年の2月から水中のトレーニングを始めましてプールで元気に泳いでいる姿を見ることができるので、ぜひ皆さんご覧になってください。あの大人は白いんですけれども、ベルーガの子供はグレーの体色をしていて、大人のような白色になるまで、実は十年ほどかかると言われています。今も泳いでる姿を見ると大人とは色がまだ違うので大きさだけでなく、色でも子供を見分けることができます。毎年夏休みの時期になると、シャチパフォーマンスではサマースプラッシュというシャチが逆立ち状態になって、尾びれで客席に水をかけるというパフォーマンスなんですけれども、雨具とかポンチョが必須ですし、お客様の中にはもう浴びる気、水を浴びる気満々で水着とゴーグルで完全装備でいらっしゃる方もいますので、ぜひそのシャチの尾びれのパワーを感じていただきたいなと思います。今年も開催に向けて今準備を進めておりますので、ぜひ皆さん楽しみにお待ちいただけたらと思っています。

二頭生まれたベルーガの赤ちゃん、一頭は途中から人工飼育に切り替えられたという事ですが、健康にすくすくと育っていて、元気にいろんなトレーニングをしているそうですよ。 そしてシャチのショーの話がありましたが、最大で二千人が見ることができるすり鉢状の観客ゾーン、一番上の席までしっかりとシャチがシャチが水を飛ばしてくるそうなんで、逃げ場はないそうです。しっかりと対策をしてみることをお勧めしますとのことでした。売店では、サマースプラッシュ用に、傘や雨合羽、ポンチョなども販売しています。またお土産も充実していて、シャチのぬいぐるみも大人気なんだそうです。

鴨川シーワールド、7月から10月までは基本的に毎日開園しています。雨の日も楽しめるお出かけスポットのひとつとしてぜひチェックしてくださいね。営業時間や限定イベントなど、詳しくは公式サイトをご確認ください。

第154回 夏の味覚 ブランドメロン「おひさまエナジー・飯岡メロン」

2023/6/16 UP!

全国有数の農林水産物王国である千葉県。実はメロンも令和2年のデータで全国8位の生産量を誇り、各地域で、特色あるものを作っています。夏は涼しく、冬は暖かい九十九里の最東端・旭市飯岡では、タカミメロンの栽培にいち早く取り組み、現在は、青肉のタカミ、赤肉のタカミレッドに青肉のオルフェの3種類をブランド化。「おひさまエナジー飯岡メロン」として、世に送り出しているんです。

今回は、飯岡地区のJAちばみどり 飯岡メロン部会・今年のメロン部会長、高野()光永()さんにそもそもなぜメロンを作るようになったのか伺いました。

高野さん:飯岡は海に面してまして、気候的にもとても暖かく土壌の方も作物がとても育ちやすくて、農業にとても適してる場所なんで、もともとは、とてもたくさんの野菜を作っていたんですけど、夏場の作物でこれといったものがなくて、一部の農家さんがメロンを作ってたんですよ。それでみんなでそのメロンを作ってみようかと言うことになりまして、松戸にある研究所の方からタカミメロンを紹介していただきまして、タカミメロンを作ろうということで今に至っています。飯岡メロンと言うメロンを作っていますけど、 品種的にはタカミメロンの青肉。 同じタカミメロンの赤肉という品種を作っています。

1990年、当時・日本()園芸生産研究所という名前だった、現在の園芸植物育種研究所が開発した、漢字で「(とうと)(あじ)」と書く、この「タカミメロン」の栽培をスタート。2010年ごろからは果肉がオレンジの「タカミレッド」、さらにタカミメロンの収穫終わりから、8月半ばのお盆時期まで出荷できる「オルフェ」と いう品種を加え、現在3種類の「飯岡メロン」を生産しているということなんです。

味の解説と、気になる農家さんの後継者問題についてもお話いただきました。

高野さん:飯岡メロンの特徴は、まず爽やかで。 みずみずしく、とてもジューシーです。味の方は糖度が15度以上あって、これがとても甘いんですよ。食べていただければわかるんですが、作ってる私でも、なんてうまいんだなって思っちゃうぐらい、 馬鹿にうまいんですよ飯岡では今約70軒ぐらいの生産者でメロンの方を作っています。そうですね。ほかの産地はメロン農家はやはり減少気味にあるんですけど、私どもの当産地では後継者の方がメロン作りに関してはとても情熱があって、後継者不足という問題にはなっていませんね。 新たに就農してくれる若者たちも実は結構いるんですよ。先輩の農家たちが家族ぐるみで技術なんかを皆さんで共有して教え合って 助け合っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年、飯岡メロンのオンラインショップの受付がスタート、今日6月16日には、直売所もオープンしました。直売所では、完熟したものを販売するのが原則で、最高に甘さがのっているピークのものが並んでいるそうです。一番美味しいタイミング、ぎりぎりをまで見計らえるのも、直売所ならではですよね

今日は旭市のブランドメロン「おひさまエナジー 飯岡メロン」をご紹介しています。ご存じの通り、 2011年3月の東日本大震災で飯岡地区は津波の被害を受けました。その時に全国の方から助けられたことがあって今がある、、、そんな想いもメロンづくりの中にあるようです。     高野さんのお話です。

高野さん:東日本大震災ではとても甚大な被害を受けまして、飯岡地区でも沿岸部を中心にとても被害がありました漁業だけでなく、農業もハウスが倒壊したり、田んぼの方に海水が入ったりと、実は大変だったんですよ。その後、風評被害などもあって、農業なども大変だったんですよ。その震災の復興のために、全国から色々な人たちが(復興のために)助けていただきまして、とてもありがたかったです。津波で流れ込んだ土砂や倒壊した家屋の撤去などに、たくさんの人たちが力を貸してくれて。 とても感謝しております。今、そのおかげで、こうして農作物を作れているのも協力してくれた手助けのおかげだと思っております。私たちはできたメロンや農作物で皆さんに恩返ししたいなと。その思いは今も続いております。

飯岡海岸には最大6mの津波が襲い、大きな被害をもたらしました。農業もしばらくの間、復活できないのではないかと考えていたそうですが、県内はもとより、全国各地から復旧・復興のために多くの方が来て下さった。それを目の当たりにして農家のみなさんは「農作物でお返しすることしかできない」と強く思われたそうなんですね。このメロンにはそんな想いがつまっているんです。

さて、飯岡地区自慢の「飯岡メロン」、さらに多くの皆さんにその魅力を知っていただけるようにと、こんな取り組みもしています。

高野さん:メロンは球だけじゃなくて、実は加工品としても。 みなさんに提供しております。まず、メロンからメロンのピューレを作ります。それからゼリーや おまんじゅうや羊羹などを作ってます。その他、山崎パンさんとコラボしてメロンのクリームが入ったパンやシュークリーム。今年はスフレケーキなんかも 作ってもらっています。こちらのほうもぜひ味わってみてください。先ほどあの震災の恩返しということもあったんですけど、私の一番の思いは飯岡メロンで皆さんが笑顔になって、そして幸せになってくれることが私の一番の願いです。

地元の小学校のデザートにも提供されることがあるそうで、子供たちが毎年楽しみにしているそうです。通常メロンは食べごろまで常温で追熟させて、食べる直前に冷蔵庫で数時間冷やすといい、といわれています。飯岡のメロンは完熟を見極めて収穫されていますが、収穫後5日ほど置いてから食べ頃の硬さになって、次第に柔らかくなりながら2週間近くおいしく食べられる、食べ頃期間の長いメロンだということです。先ほどご紹介した飯岡の直売所は7月14日までの開設予定期間中はお休みなしで、午前9時から午後4時までオープンの予定です。

7月1日土曜には、メロンを購入した先着200名、タカミメロンとタカミレッドの食べ比べができる「メロンまつり」開催!ということなので、ぜひ現地にいって美味しいタカミメロン味わってください!

おひさまエナジー 飯岡メロン、オンラインショップからのお取り寄せも可能です。

おひさまのエナジーぜひ味わってみてくださいね

JAちばみどり 飯岡メロン部会

http://www.iiokamelon.jp/about/index.html

◆ 第153回 千葉県誕生150周年記念事業~ゲスト:熊谷俊人千葉県知事~

2023/6/9 UP!

今年令和5年は千葉県誕生150周年の年。

千葉県は上総、下総、安房の三国に分かれていて、明治4年7月の廃藩置県ののち、明治6年6月15日に木更津県と印旛県が合併して千葉県が設置されました。

この150周年という機会に、「県誕生から150年を振り返り、続いていく未来(100年後)に想いを馳せる」をテーマに、県内各地で芸術祭や記念コンサートなどさまざまなイベントが企画されています。

今回は 熊谷俊人千葉県知事をゲストに、房総半島の歴史を振り返りながら、150周年記念事業への想いや千葉県の将来像などについて伺いました。

※千葉県誕生150周年記念事業に関して詳しくは こちらの特設ホームページでご確認ください。

第152回 食のちばの逸品を発掘2023 2層の濃厚な味わい「ちばのこだわりプリン」

2023/6/2 UP!

まず「食のちばの逸品」についてご紹介します。千葉県産の農林水産物を主な原料とする「加工食品」の中から、魅力的な「ちばの逸品」を発掘するために毎年コンテストが行われています。平成24年度にスタートして、今年で11回目。受賞作品は61品目となりました。受賞した商品に対しては、県が主催するイベントなどでの販売機会を通じて、販路拡大を支援していくものなんです。

そして、今回金賞に輝いたのが君津市にある菜の花エッグの「千葉のこだわりプリン(ピーナッツ味)」です。1日に8万個の卵を出荷している卵農家さんでもある「菜の花エッグ」さん。社長の梅原(うめはら)正一(しょういち)さんにお話を伺いました。どんなプリンなのでしょうか?

梅原さん:菜の花エッグの梅原正一です。千葉の特産品である牛乳と卵を使っています。その中でもプリンが2層になっているということです。上の部分はピーナッツ味のプリンとなっております。このピーナッツは木更津の老舗落花生メーカーが丁寧に作ったピーナッツペストを使っています。下の部分はうちのプレーンのプリンにカラメルを混ぜて茶色がかったビターなプリンになってまして、外から見ると2層になっているのがよくわかって、外から見ても楽しめるプリンとなってます。2017年に銅賞を頂いてそれから何回か挑戦していたんですけど、今年はいろんなことを考えながら、基本に立ち返ってうちの得意とするプリンを作ることができて、それが金賞を受賞することができて非常に嬉しいです。

そのプリンがこちらです。

作り方などにこだわりや秘密があるのでしょうか?

梅原さん:プリンが2層になっているということで、1回はプレーンのプリンを焼きます。で冷やした後にもう一回ピーナッツペーストの生地を流し込んで2度焼くようにしていますので2倍手間がかかっています、一般的にプリンというのは2対1との法則と言って、牛乳が2、卵が1というのが一般的な配合と、私は聞いていまして、それだと一般的なので、やはり卵屋さんのプリンなので2対1ではなくて2対2、1対1に近づけるような配合になっていますんでそのプレーンのプリンを食べていただくと、「あ、卵の味がするな」と感じられると思います。

もともとは、お父様が昭和39年から卵農家として、スーパーなどに卵を販売していたんですが、平成3年、一般のお客さん向けに「卵の直売所」を始めました。当時はあまり周辺に「直売所」などがなかったので、とても賑わったそうです。その後、周辺に「農産物直売所」が増えてきたこともあって、5年後にはプリンなどを作って販売するようになったそうです。

梅原さんのところの卵の特徴は、すっきりとした味。一般的な鶏の餌は、穀物、動物性の原料、魚粉などを混ぜた配合飼料を与えるんですが、梅原さんはあえて魚粉をあたえないことで、雑味がないたまごをつくっているそうです。穀物の餌ならではの旨みがお菓子に向いていると感じていただいているのではないかとおっしゃっていました。この後は、直売所で販売している プリン以外のスイーツなどについてもご紹介していきましょう。

取材は君津市(やま)滝野(たきの)の「西野直売所こっこ(KOKKO)」という場所で行わていただいたんですが、頻繁に卵を求めてお客さまがきていて、人気の程が伺えたそうです。そして、プリン以外にも菜の花エッグの卵をふんだんに使った美味しいものがあったんです。

梅原さん:卵はもちろんなんですけれども、うちのスイーツは地元の 卵はうちの農場の卵はもちろんなんですけれども、本当に手作りでですね、うちのパティシエが作っていますので、ぜひお近くにお寄りの時は買って味わっていただきたいと思います、 シュークリーム、焼き菓子・・パウンドケーキ、ブラウニーやマドレーヌというものを作ってますし。土日限定なんですけれども、卵サンドを作っています。本当に卵がたっぷりと入ったタマゴサンドを限定で作っています。パンはうちの卵を使ってくれているパン屋さんのパンを使ってますので本当にこだわりのパンを使っています。それをめがけてくるお客さんもいます。

実は、この卵サンド、大変手間がかかるので、週末だけしか作れないのが現状なんですって。直売所KOKKOには、いろいろなこだわりのプリンや焼き菓子も並んでいて取材した日には2017年の食のちばの逸品に選ばれた「菜の花たまごのホワイトチョコプリン」も並んでいたそうです。今、卵は、全国的な鳥インフルエンザの拡大や餌や燃料、電気代の高騰によって出荷量が減ったりして大変苦しい状況にあると言います。そんな中でも梅原さんのところの菜の花エッグは大変人気で、地方からも注文があるそうです。 KOKKOさん以外での購入方法を教えていただきました。

梅原さん:うちのホームページがありますのでそこでお買い上げができます。そのほかに近隣の直売所さん「うまくたの里」 さんとかこの近くの「愛菜畑」 さん「四季の蔵」 さんとか、、そういうような直売所が多くありますので、そこで販売をしております。今、卵不足なもので、よく(理由は)わかりませんけれども北海道から九州まで注文が来ています。10キロ単位でご注文     をいただいています。中にはラーメン屋さんとかね、、、 

もちろん、今回金賞を受賞した「ちばのこだわりプリン(ピーナッツ味)」もお取り寄せ可能ですので直売所にはなかなか行かれない、という方はぜひ菜の花エッグさんのホームページで最新情報とともにチェックしてみてください。そして千葉県産の農林水産物を原料とする魅力的な「加工食品」の数々「食のちばの逸品を発掘」のサイトに掲載されています。ぜひあなたの知らない「逸品」探してみてください。

食のちばの逸品を発掘 ページ

菜の花エッグ

第151回 ゴルフの聖地を目指す市原市

2023/5/26 UP!

日本では今ちょうどゴルフのハイシーズンを迎えています。実は今度の日曜日、5月28日はゴルフ記念日。1927年昭和2年のこの日、第1回日本オープンゴルフ選手権大会が開催されました。大きなツアートーナメントの会場となるゴルフ場も数多い千葉県ですが今回ご紹介するのは、ゴルフの聖地を目指している「市原市」です。市原市は千葉県の市町村の中で一番広い面積を占めるんですが、その広い土地の11%がゴルフ場なんだそうです「ゴルフのまち」から「ゴルフの聖地」をめざす「市原市」の取り組みをご紹介します!

千葉県自体も、ゴルフ場の数で全国都道府県第2位。(1位は北海道)中でも市原市のゴルフ場の数はオープニングでお伝えした通り全国市町村№1なんです今、その特性を生かして、さらにこの地域を盛り上げようという動きがスタートしています。市原市 観光・国際交流課 課長の仲野(なかの)光一(こういち)さんにお話を伺います。

 

仲野さん:市原市はですね千葉県房総半島の中央にありまして、面積が368平方km。千葉県内で一番大きい市になってます。まあ、そういった広さもありまして、1960年代からゴルフ場が徐々に徐々に増えていき、現在市原市には33箇所のゴルフ場がありまして、これは(市としては)全国1の数になっています。2020年の実績で実に174万人の皆様が市原にお越しいただいています。ゴルファーの皆さんですね。はい。首都圏、東京ですとか、あと横浜から大勢いらっしゃってますね。まず一つはやはりアクアラインと圏央道の開通が、大きかったですね。これによって非常に都心からもう一時間で来れるというその近さが選ばれまして、まあ、そこから非常に利用者数も多くなっていたと言うのが一つでございます。

クアラインや圏央道の開通を機に市原に訪れる人が増えたことに加え、コロナ禍には「密」にならないということで、たくさんの方々が市原でゴルフを楽しんでいたそうです。せっかくこれだけの人が市原に来てくれているのだから、市原市役所としても、ゴルフとともに市原をもっと楽しんでもらおうと、取り組みをはじめました。いったいどんなことを始めたのでしょうか?

仲野さん:日本一の数のゴルフ場があると言うのは非常に貴重な地域資源であると言うふうに捉えておりまして、まあ、これを市原のまちづくりとか活性化に活用して行きたいと言う思いがありました。そういったこともありまして、元々ゴルフ場の支配人の皆さんで構成されていた連絡協議会と言うのがあったんですが、ここに行政も参画をしまして、官民一体でゴルフを盛り上げていくことで、市原市に多くのお客さんに来ていただこうと言う取り組みを始めてきたところです。一つは、この33のコースがあるというのを活かして「市原ゴルフ場巡り33」といういわゆるスタンプラリーを実施しています。これは市内のゴルフ場です。1箇所行くと1つのスタンプ、5箇所行くと5つのスタンプがもらえるようになってまして。5ケ所、11ヶ所、22箇所33箇所、それぞれ達成されると、市原市からプレゼントを差し上げると、そういった取り組みをしています。ふるさと納税の方でも、いわゆる返礼品としてゴルフ場のプレー券をご提供しておりまして、こちらも非常に好評をいただいております。市原市のふるさと納税としては第2位の人気です。

ちなみに、33個つまり、全部のゴルフコースでスタンプを集めると、カニ・エビほか海産物セットや国産鰻の蒲焼8枚セットがもらえるそうですよ!そういった楽しみを演出する一方、次世代のゴルファーを育成する試みも行っています。どんなことをしているのでしょうか?

仲野さん:ジュニアゴルファーの育成というところにも取り組んでいます。これはいわゆるトップクラスのジュニアの育成と言うところと、合わせて裾野の拡大というところで、より多くの子供たちがゴルフに触れ親しんでもらう。まあ、そういった環境づくりを進めています。この3月に「市原市ジュニアゴルフオープン」という市原市が主催の大会を開催いたしまして、全国のジュニアの選手たちに来ていただきまして、そこで市原市のゴルフ環境に触れていただきました。そういった中で優秀な成績を収めたゴルファーには支援する、そういった仕組みを用意しています。実は市原市にも世界で活躍するジュニアゴルファーがいまして根本悠誠君、そして将誠君のご兄弟が今年の世界ジュニアゴルフの方にも兄弟揃ってご参加される快挙を成し遂げております。これからやはり市原市のゴルフ場ですので、市原市民の子供達にやはりゴルフに親しんでいただきたいというふうに思ってまして、市内全ての小学校の子供たちが一度はゴルフを体験できる。そういった環境作りをこれから進めていきたいというふうに思っています。

市原市では今年の1月に日本プロゴルフ協会と連携協定を結び、ゴルフの聖地 いちはら」を目指す市原市の取組の活性化や、ゴルフの普及、振興に加え、ジュニアゴルファーの育成に関することについて連携していくことを発表しました。日本プロゴルフ協会からは有望なジュニア選手の育成の指導員を派遣する動きもでていますし市民のゴルフ人口の裾野を広げるという意味で市内の小学生に一度はゴルフ場でゴルフを体験してもらいたいというプロジェクトも始めるそうです。市原市にプレーをしに来てくれるゴルファーに対してだけでなく、市民、特に子どもたちにゴルフを知ってもらう取り組みが広がれば、市原市からすごいゴルファーがどんどん生まれてくるかもしれません。最後に、仲野さんからのメッセージです。

仲野さん:東京都心から一時間という、非常に来やすい場所にありますので。その中で養老渓谷という温泉郷があったりですとか、高滝湖というところにはグランピングリゾートもありますし、小湊鉄道というローカル線が走っていまして、菜の花の中を走るトロッコ列車があったりとか、見応え充分なところがございますし。 また美味しい食べ物もたくさんありますので、ぜひ皆さんお越しいただければと思います。市原市の楽しさこれをもっと、もっと発信して行きたいと思っています。

都心からのアクセスがいいと多くのゴルファーが訪れる市原。でも行きやすいということは帰りやすくもあるわけだから、いろんなところに立ち寄ってもらいたいね。市原には素敵な景色や、旬の美味しいもの、温泉、グランピングなど、魅力あるコンテンツがたくさんあります。ゴルフ帰りに、ぜひそのうちの一つでも二つでも、一緒に楽しんでみてください。そして「ゴルフの聖地 いちはら」を目指すまちとして、地域がいっそう盛り上がっていくといいですね。

第150回 椿海

2023/5/19 UP!

今回は、「千葉の水辺のお話」ということで、今の旭市にかつてあった大きな「湖」についてご紹介したいと思います。そこは「椿の海」と呼ばれていました。かつてということは今はもうないということなのですが、いったいどんなところだったのでしょうか?そして、湖が無くなった後はどうなってしまったのでしょうか?

江戸時代よりも前は、現在の茨城県との県境を流れる利根川は、川の形もだいぶ違いました。水面の面積もかなり広く、大きな湖がありました。印旛沼や霞ケ浦なども含まれます。そして、今回は今の旭市あたりにあった椿海(つばきのうみ)という場所のご紹介です。

今回は、旭市あたりでは「先生」と呼ばれて人々から慕われ、この地域を中心に、世界で初めて、今でいう「農業協同組合」をつくり、農民の暮らしの向上を目指した大原幽学(おおはらゆうがく)のことを展示している「大原幽学記念館」の学芸員、猪野(いの)(え)里子(りこ)さんにお話を伺っています。まずは、その湖はどんな湖だったのかお話いただきました。

猪野さん:大原幽学という幕末の人物がおりまして、その方の品を展示する館なんですけれども、郷土展示室がありまして、この地域の歴史を紹介したりですとか、資料を調べたりする仕事をしています。もともとの湖は南北5~6キロぐらいで東西が12キロぐらいの非常に大きなサイズの湖でして、もともとは湖のできたのが、縄文時代の終わりぐらいと言われてて、その頃にその九十九里平野が出現したところとほぼ同時期に土地が持ち上がって、低いところに残った水が、ふさがれていって湖になったのが、椿の海になったといわれています。

実は東京ドームだと1000個分以上の広さになるんですが、江戸時代、農地にするために干拓されたんです。

猪野さん:江戸時代の初め頃なんですけれども、この頃にですね、非常に新田開発というのが奨励された時期で江戸に住む資金を持っている方ですとか、幕府とかがこういう広い水田になりそうなところを積極的に新田にしていきましょうという政策の中で、こういった開発が進められていっています。干拓計画された時に、まずその現地調査みたいなことで測量に入りまして、その水面の高さと湖の底の高さと海岸のところの高低を測って。これは排水路を掘れば水が抜ける、というような調査結果で水を抜いて干拓しようというような計画がされています。もともとやっぱり、大きい湖ですので、周囲の村の人たちはそこをまあ要するに用水源として使ってたこともありますし、それで絶対被害が出る、反対ということで、非常にその当初、干拓の反対の声がとっても多かったです。

当時、江戸幕府ができて、小さな町だった江戸の人口が爆発的に増えたため食糧不足の心配があり、広く新しい田んぼが必要となって大規模な耕作地の開拓が各地で進められたんだそうです。そこで江戸から近かったこの「椿の海」が対象となり今からおよそ350年前の(かん)(ぶん)11年、1671年12月28日から干拓工事が始まりました。計画自体は、さかのぼること50年以上前の記録に「幕府に椿の海の干拓の許可を江戸幕府に求めていた町人がいた」と記されているそうです。地元の方々の反対も強かった中、干拓はどのようにして行われていったので しょうか?そして、どのぐらいの年月が必要だったのでしょうか?

猪野さん:やっぱりその周囲の反対とか訴訟がおこされた事もあって、またその工事が止まる前に、とにかく早く工事を進めちゃうということで、いわゆる突貫工事的に非常に短い期間で、その排水路の工事をやりました。工事期間、本当に三年ぐらいしかない期間でやっています。当初は開発者側の資金を出した人たちが、まずはその土地はその人たちのものになる、いい場所は幕府の所有地になるということで、その後にですね、新田の売り出しということになって、だんだんと、その地域の方たちにも。 土地が渡るようになっていきます。新田開発ってやっぱりそういう土地の投機目的みたいな一面もありますので。でもそういった人たちがいるおかげで、まあ資金があって、こういう大規模なあの工事ができたということもやっぱりあります。

工事の過程では、海水が逆流してきたり、周りの地域が水がなくなったりと困難もあったそうですが、排水工事による干拓が行われて出来上がったのが干潟(ひがた)八万石(はちまんごく)と呼ばれる新田で 萬力(まんりき)鎌数(かまかず)入野(いりの)村など18の新田村が成立したそうです。徳川幕府はほかにも千葉県内で、完成には至りませんでしたが印旛沼の干拓や、利根川を銚子に振り向ける工事など大規模な干拓事業を行っています。

ちなみに旭市の小学生のみなさんはこの干拓事業についてはしっかり勉強しているみたいですよ。

猪野さん:この地域の小学生は、四年生になると必ずこの郷土の学習ということで、「椿の海」の干拓の歴史を勉強することになってます。皆さん来たりして、ここが湖だったんだよって話をすると、「僕のうちは昔湖だったところだ」って言って「僕のうちは湖じゃない」とかっていうことから、まず興味を持ってすごい見てもらえています。本当に今、「椿の海」の痕跡て全然ないですけれども、今、本当に一大農業生産地域として、あの本当にないものがないぐらいの、、、お米をはじめとして色んな野菜が取れるので、ぜひそういうのを皆さんに味わっていただきたいのと、土木技術の一つの遺産ということでも、あのこの広大な面積のところでね、、いろんなゆかりの場所ありますので、併せてですね、ぜひ訪れてきていただきたいというふうに思います。あのたくさん資料もありますので、 ぜひ記念館にも足を運んでいただければと思います。

記念館には、椿の海が干拓されてできた農地のひとつである長部(ながべ)(むら)に定住、当時苦しかった農民の生活を助ける仕組づくりや道徳教育をし、指導者として慕われた大原幽学についての資料が展示されています。また、旭市の花は「椿の海」にちなんで「椿」なんですが、資料館の周りには3000本以上の椿が植えられているそうです。記念館がある大原幽学遺跡史跡公園の中には、当時の区割りを残す水田や、大原幽学の居住した旧宅などもありますので、あわせてごらんになると干拓の歴史がより理解できるのではないでしょうか。

JR総武本線に干潟という駅がありますが、これはまさに、この椿海の干拓地のことを言っていたんですね。干潟八万石は、灌漑用水も整備され、現在も九十九里平野の重要な穀倉地帯としての役割を担っています。秋には見渡す限りの黄金の稲穂が稔る 広い水田の中に、島のような集落が点在する風景を見ることができるそうです。「旭市(あさひし)椿(つばきの)(うみ)干潟(ひがた)八万石(はちまんごく)の水田と農村景観」は、「ちば文化的景観」に選ばれています。この土地の歴史についてかかれた看板もいろいろ建っているということなので、広大な景色の中で歴史を学んでみてはいかがでしょうか?

第149回 ランドマーク 日西墨三国交通発祥記念之碑

2023/5/12 UP!

今週はランドマークがテーマということで、日西墨三国交通発祥記念之碑についてご紹介していきます。日本、スペイン、メキシコの交流に「御宿」がどんなかかわりがあるのか御宿(まち)国際交流協会の会長 土屋武彌(つちやたけや)さんにお話を伺っています。まずは国際交流協会の活動についてうかがいました。

土屋さん:御宿町の町民が主体となって国際関係を発展させるということがありますもんですから、御宿町とほぼ一体となってやってる団体だと思います。中で「日西墨との交流」というのが、御宿の国際交流の柱になってるわけですね。1609年9月30日のドン・ロドリゴがいわゆる漂着をしたと云う出来事だろうと 思いますね。ビックリしたと思いますね。

1609年、関ヶ原の戦いが1600年ですから江戸時代の初期ですね。その頃に今のフィリピンのマニラから、当時イスパニア領であったメキシコのアカプルコに向かっていた船が、御宿の岩和田、現在の田尻(たじり)(はま)の沖で座礁してしまいます。そのとき浜に流れ着いた300人以上の人を御宿の人たちが救ったんです。当時の住人は300人ほど。決して豊かではなかった生活の中、初めて見る外国人。言葉もわからないし、怖いんじゃないかと思いますが、心やさしい岩和田の人々は、海の寒さに凍える彼らをあたため、着物や食料を 惜しみなく提供したそうです。

土屋さん:御宿村の村民たちが助けてくれなければどうなっていたかとかと。これは今、ロンドンの大英博物館にロドリゴの日本見聞録があるんですが、その中にも原文ですけど、それに書いてありますね・・・いうことには、自分たちはようやく日本に着いたけれども、どういうところがわからないとで、戦う武器も何もないとものも食べるものもないと。その中でどうやってこれから先ここで過ごすのかということを考えると、御宿町の村民の優しさがなければ到底これはしのげなかっただろうとロドリゴ自身が書いてありますので。日本の優しさと、いわゆる日本人の優しさとともに、その中でも御宿町の人たちがなかったらダメだったと言うことで、ロドリゴはいわゆる今流で言えば親日派になったんでしょうね。

御宿町のhpより

救助された後、彼らは御宿(いわ)和田(わだ)にあった大宮寺(おおみやでら)に37日間滞在したそうです。多数の家来を引き連れて彼らの元を訪れた大多喜城主の(ほん)多忠(だただ)(とも)は、ヨーロッパ式にロドリゴの手にキスをし、彼らを城に招き歓迎の(うたげ)を催したそうです。当時、フィリピンの臨時総督だったドン・ロドリゴは、のちに家康にまで拝謁したそうで、最終的には船を作ってもらいメキシコに帰っています。国交が大事とか、まだそういう知識のない中で、当時の御宿町の人たちは大きな働きをしたわけ ですね。

さて、会長の土屋さんは御宿に移住されてきた方なんです。その御宿に移住された経緯についても伺いました。

土屋さんは、大手電機メーカーを勤め上げ、リタイヤ後の第2の人生をのんびり過ごす場所を探していました。伊豆あたりが本命だったそうですが、なかなかいいところが見つからず諦めかけていたところに、ある運命的な電話がありました。

土屋さん:こちらの方の近くの不動産屋さんが「どうしても明日見てくれ」ってうんで家内と行ってみたんですね。きれいな海岸だったですよ。で、家内の方が納得しましたね。言った台詞が1~2分だったと思いますが「ここでいいんじゃないの?」って言ったんですよ。家の上にですね山がありまして、そこの上に塔が立ってたんです。これが一番最初の印象でしたね。それが「日西墨三国(交通)発祥記念碑」というのだったんですね。で調べてったら・・やることがないもんですから定年にもなって・・だから家内とお弁当作ってよく行ってたんですよ。そしたら今度400年記念だと言うこともありまして。で、地元の人はそんなにまだ知り合いがなくて。この期間、この400年のお手伝いぐらいできるかなと言うことが、御宿の人との一番最初の繋がりであったような感じがしますね。

偶然は重なるもので、視察に行った日にスペイン人たちが保護された大宮寺の跡地にたつ大宮神社で、お祭りをやっていた。さらに不動産屋さんに紹介されたのは村人たちが彼らを救い上げた岩和田の浜だった・・・ということで、ここまでくると偶然ではすまされない何かを感じてしまいますよね。最後に、土屋さんに御宿の気に入っているところ、そして、ちょっと心配になっていることについて伺いました。

土屋さん:気に入っているところはですね、私、岩和田地区に住んでおりますけど、優しいですね。その岩田区が偶然にもスペイン人たちを助けた地区の人たちだったっていうのは、これも400年前に戻ると言っていることは本当だった。ロドリゴが言っていることは本当だったと。特にあのロドリゴたちは命を助けられたってことは、いわゆる比較することのできない優しさですけどね。で、そういうそういう意味ではそうですね。小さな町ですけど、充分に子供達にあのそれが伝わってないということを感じましたですね。歴史的史実を深掘りしてで、教育的な見地から子供たちに伝えていかないとこれは残らないということはこれあのはっきり申し上げておりますね。ですから行事をやるということは、あの決して悪いことじゃないしね。イベントをやるということはだけど、それで終わっちゃうんですよ。だからそれは私も何度も申し上げたことありますね。

取材スタッフによると、土屋さんが調べれば調べるほど400年前の御宿の人たちの優しさが伝わるエピソードが出てくるそうで、でもそれが地元にも伝わっていない。これを風化させてはいけないという強い思いを感じたそうです。これからは海外へも、そして海外からも人が行き来しやすくなるからもっと具体的な交流が進むといいですね。記念碑やイベント、資料などは確かにあって、過去にはメキシコの大統領も御宿にやってきて感謝の言葉を述べたということもあったそうですが、土屋さんは、御宿で育つ子供たちに、船が漂着した外国の人を助けた時のこの土地の人たちの思いをもっと知ってもらい、スペインやメキシコと人の行き来だけでなく心の交流ができるようになってほしいと願っています。御宿には月の砂漠という童謡のモデルになった砂浜もあり、海のイメージが強いかもしれませんが、お出かけの際には山の上にある記念碑もぜひ訪れてみてくださいね。

第148回 森林塾 かずさの森

2023/5/5 UP!

今日は、5月5日、子供の日ですね.。今日は、子供を成長させる体験をテーマに、「自然の中で思い切り遊べる体験ができる」ところをご紹介したいと思います。場所は房総半島のほぼ中心、近くの民家からは2キロ以上離れているという、森の中にある施設です。人里離れた野生の森の中で過ごした子供たちはもちろん、大人にもさまざまな変化があるという貴重な体験。いったいどんなものなのかご紹介していきます。 

今回ご紹介するのは、森林塾 かずさの森というところです。周囲は人の気配の全くない、山また山の“陸の孤島”。県下一の野生の森。都会を離れ、ここを訪ねてきた人たちがそこで時間を過ごすことで、現代生活では感じることが難しい”動植物の命をいただいている”“生きる原点を感じることができる”と体験談が口コミで広がって人気となっています。まずは代表の 岩田和久さんに この森を作った始まりを説明していただきました。

岩田さん:房総丘陵の真ん中だと思ってイメージして。千葉県で一番長い川の小櫃川って川があるんですが、そのちょうど源流部です。私が先祖からの相続で、このあたりの山を相続しましてね、山が荒れていたものですから、30歳ごろから山に入り出して、そしてまあ遊んでたわけですね。 でまあ、ご存知のように林業って不況だったもんですから、材木だけで勝負するんじゃなくて、森の持っているたくさんの面を、多様性っていうんですか?それを活かした感動プログラムを作れないかなと思って、山に道作ったり、池を作ったり、施設を作ったり、そんなふうにして遊んでたわけです。

好き勝手やってたらこうなっちゃったってだけど、まして、これもあったらいいじゃないかな。これもあったらいいんじゃないかなっていう。そういう連鎖でそうなったと。

 

深い森の山の中腹に人力、そして、ブルトーザーやショベルカーなどで平らな場所をまずは作り、それを少しづつ広げていったということなので、楽しいといっても大変ですよね。そもそも重機が通る道もなかったということなので、かなり根気が必要な作業だったと思います。

始まりは1995年ごろ、今から30年ぐらい前ですよね。水を引いてきて、大きな池も作ったり、2000年ぐらいから人の受け入れ・・森林塾を始めたのだそうです。今ではその池に天然記念物のモリアオガエルも産卵をするようになったそうです。これは農薬などないきれいな水だからできることなんですって。 森林塾で人も受け入れるということで、それなりの施設が必要になってきますが、これも驚きなんですが、岩田さんが建物までつくってしまったんです。 

岩田さん:雨が降っても体験できるように、まあ、雨をしのげる場所と、炊事食べ物を調理したり、いいなと。体が汚れたら、まあ風呂場もあってもいいんじゃないかなと。布団もあれば、寝てもひと晩泊まりたいってなればそんなあるし、トイレもなきゃいけねーだろと、まあ、そんな感じで次から次へと作っていったとでこれは全部敷地内の山林から自分で切って運んできた。私たちも、例えば食べ物とかね。水とかね。 それからエネルギーとかね。都会はみんなよそから運んで来ないと生活が成り立たないようになってますよね。

ここではできるだけその場であるもので生活できるあまり他者に依存しないでも生活がやれるんだよ。 そういうことを体験してもらえればうれしいなあと思ってたわけ。

本格的な杉の丸太でできた丸太小屋(小屋のレベルではない大きさです)そのほか、木の上にある小部屋のような建物など見てるだけでもワクワクしてきますよね。いま、お話にもありましたが、一つ作ると、これもあったらいいんじゃないか?これがあったら来た人がもっと楽しめるのではないか?と、滞在する人の気持ちになってどんどん作っちゃう。岩田さんは普段は農家さんで、お米などを作っているので、その作業の合間に山に行ってこの場所を作っていったんだそうです。

取材スタッフによると、現地は携帯電話の電波はゼロだそうです。かえってその方がいいのかもしれません。

具体的にどんな体験ができるのかというと、いろいろあるんです。例えば2023年のプログラムからご紹介するとメープルシロップつくり、山菜摘み、野生キノコ採り、子供生き抜く自然塾キャンプ 清流で川遊びというプログラムでは、小櫃川の源流で手づかみ漁が楽しめるんですって。子供だけでなく大人も参加できる、このプログラムを組む意図を代表の岩田さんに伺いました。

岩田さん:例えばね、ざっくばらんにこの間、千葉県もね、3年ぐらい前でしたっけ?大きな台風があって。 全体の被害があったところありましたよね。で、私もあの実際に被害にあったんですけど、その時に自分で掘っ立て小屋みたいなのを作れて緊急避難みたいのができたら、まあ避難所にべったり行かなくてもいいんじゃないかなと言うようなことで掘ったて小屋作りを体験したり。

あるいは今度古民家の再生プロジェクトも4月から始まります。移築して0から。大工さん瓦(職人)さん。それから太陽光も入れますから、それからもちろん水周りなんかも超最新のやつを。 だから、例えば古民家でも中は超快適な家づくりをやろうと思ってるんですよ。それから電気も自給して、そしてなおかつ寒い時には薪ストーブとか。エネルギーも環境に負荷をかけない形で、それを目指して。2年間かけて 学ぶようなプログラムになっています。

そのほかにももうこちらは今年の分は終了しましたが、狩猟・・狩りですね。そしてジビエ解体体験1泊2日というのがあります。森の中で野生の鹿、猪の痕跡を探したり、生態系・野生動物の習性を勉強して檻、罠を使った捕獲体験、その後解体して、お肉は、夜、皆でいただくそうです。

ちょっと子供にはショッキングかもしれませんが、これが本当の命をいただくということなんだというのは、わかると思います、大事なことですよね。 こういった体験をすることで子どもたちの意識にも変化が起きるそうです。

岩田さん:変にストレス思ったりなんかしてる子供たちはここではね、まず好きなことしていいんだよ、我慢しなくていいんだよ、やりたいことやっていいんだよ。自由なんだよ。ただし、自分の命は自分で守ってくださいよ、ってお話しするわけ。で、そうするとね。そんなにハメ外さないですよ。危ないこともしないし、逆にみんなその状況にあった行動するわけ。そうするとね、みんなね、日頃のまあ、これもやりたいで我慢してた子供たちは多分ねどんどんどんどんこう開放的になって楽しかったよって言って帰ってくる。それがまあ。 楽しみですね。私の。こう生きるっていうことはね。人類含めて生き物は、他人の命をいただいて繁殖してるわけですけども、いろんな食べ物とか、いろんな生き物とかの命の多様性によって、私たちは生きてるんだよっていうことを感じてもらえればありがたいかな、と いうのが私の最近の目指すところ。 

森の中の多様性の上に、そこにいるすべての動物、植物は生きている。その中に人間もいるという体験は、きっと昔、、、昭和30年頃までは普通にあったんだと思うね。でも今はそれを知らない大人や子供たちが殆どだから、房総丘陵の貴重な自然と岩田さんのノウハウは価値があるんでしょうね。 

リピーターも増えているそうです。なんだかわかる気がしますね。家に引きこもりがちな子供が活発に変わっていくケースもあるようです。保護者や周りがコレしろ、アレしろ、と指図するのではなく、自分で決めていくというのが大事なんだと岩田さんはお話しくださいました。

森林塾 かずさの森は事前予約制となっています。詳しくは、HPをご覧ください

森林塾 かずさの森

http://www.kazusanomori.com/

第147回 信田缶詰のサバカレー

2023/4/28 UP!

今回のテーマは「ご当地カレー」。「ドラマ」にそのルーツがあることで知られる銚子のサバカレーの缶詰をピックアップ。

ロングセラーのこのサバカレー、銚子の信田缶詰という老舗の缶詰会社が作っています。110年にわたる歴史の中でさまざま取り組んでいるチャレンジなど、ご紹介していきたいと思います。

工場は、銚子の港に近いところにあります。まずは、営業部の半谷仁希さんに会社の歴史について伺いました。

左が半谷さん。右が小林さん。

半谷さん:うちはですね。1905年の明治38年に創業しております。当初はクジラとか貝をメインに缶詰を製造してました。戦後ものがない時とかは缶が手に入らなかったので、ビールの缶を再利用して蓋をハンダで取りつけて缶詰めにしてたっていうことはあったそうです。今はですね、銚子っていうと、もう何年も水揚げが日本一になってるんですけれども、その中でサバとイワシが非常に多く水揚げされているんですね。なので、うちもその地の利を生かしてこの二つの魚種をメインに缶詰を製造しております。やっぱりイワシだったら、やっぱ油の乗る6月、梅雨入りの入梅イワシっていう頃のイワシをあと鯖であれば、寒サバと呼ばれる冬のサバを手に入れるようにしております。で、今で言うと、年明けの1月とか2月でも イワシが大変質が高いものがあがって、いいものがあがっていますので、そういった原料を・・・浜に近いっていう地の利を、ここを生かしながら実際ものを見て買うということをしております。

さて、このサバカレーですが、そのルーツはご存知ですか?実はテレビドラマだったんです。それがこのカレーの開発につながっていくんですが、半谷さん、こう説明してくださいました。

半谷さん:1996年だったと思うんですがテレビドラマでコーチっていう番組がやっていまして、舞台がですねちょうどここ銚子地区・旭地区で、その中にサバカレーで一発逆転っていうか盛り返したよって言うテレビ番組がありまして、そのサバカレーをですねいち早く缶詰化に成功して世に送り出したっていうことですね。お客様のほうに認知されてされ、信田 缶詰の中では上位の販売をキープしております。うまく乗っかって言うかもしれないですね。当時開発した者の努力だと自分は思っていまして。ルーにサバ切ったものを入れる青臭さとか、そういった魚臭が出てすごく嫌がると思うんですけども、うちのこの鯖カレーっていうのは、一口大に切った鯖を一度揚げることによって、そういった臭みを抑えるいう効果が出て。衣にもルーが絡みついて、そこがお客さんの方に好評いただいているんじゃないかな。 一回食べて、それが非常においしかったっていうことで、リピーターにつながって、ずっと今まで続いて来れたのかなと思っております。 

このドラマの波及効果はものすごくて、銚子では信田缶詰さんともう一つの会社がサバカレーを作って、今は信田缶詰さんだけが作り続けていらっしゃいます。しかも、今でも数ある製品ラインナップの中でトップクラスの売り上げ、というんですから、ドラマのブームではなくて、味もちゃんと評価されているのがわかりますね!

ドラマでは実際に缶詰のレシピをつくったわけではないので、本当に商品になるかわからない状態で缶詰づくりをスタート。試行錯誤の上、魚を揚げることで、青臭さを封印できて、このロングセラー商品ができたんですね。

    

信田缶詰はサバカレーだけを作っているわけではありません。お魚の缶詰の定番、水煮やみそ煮などもあるんですが、「もっと楽しい缶詰を提案したい」と、いろいろやられているんです。商品開発部の小林さんにお話を伺いました。

小林さん:商品開発を担当してます。小林と申します。よろしくお願いします。水揚げ港に隣接するこの恵まれた土地を生かして、その原料に徹底的にこだわるっていうのはもちろんですけども。 この原料をいかに美味しさを引き出すか、あとそのお客さんのそのいつも食べてる水煮・味噌煮じゃないっていうところで、もう一つその違ったものを、いかにそのお客さんの目に留めるかっていうのを今、開発のコンセプトに検討して作ってますね。弊社で出してるビストロ缶いう商品がありまして。 こちらのイワシに合う調味料っていうのを徹底的に調査する中で、あのトマトとイワシの相性が良いっていうところで開発をスタートした商品なんですけど、こちらも特別な気持ちを味わえるような完成された料理っていうのを今目指しまして。中華料理の油淋鶏っていうのをヒントに「油淋サバ」っていうのは昨年発売しまして。こちらも今非常に味付け料理としての評価をいただいてまして、今後についてもこういう主婦層に受けるような商品が力を入れて進めてます。 

スタジオで試食しました!

さて、缶詰は「非常食」というイメージもあって、一般家庭ではさらに手を加えることはあまりないそうなんですね。だったら、開けるだけで、それがお料理として成立しているような製品を、と、試作を繰り返しているそうです。いろいろな展開の中ではお魚以外にもこんなコラボをしていました。

小林さん:松屋の牛めし缶なんですけども。特徴としてはその具材だけっていうイメージを持たれるかもしれないんですけども、一番の特徴は本当に御飯も中に入ってますので。 本当に缶を開けたら、そのまま牛めしを食べていただけるっていう商品になっています。この「ご飯がススム」っていう非常に皆さん認知度の高い、家族全員で楽しんでいただけるキムチという商品があるんですが、そちらの調味液を一緒に開発させていただきまして、家族全員でそのサバ缶のおいしさを楽しんでいただける商品という形で発売しております。缶詰は本当に旬の一番おいしい時の。 素材をそのまま詰め込んで作ってますので、ぜひ皆さん備蓄としてストックするだけじゃなくて、あの日頃の料理としてどんどんと毎日でも食べていただきたいなと言う考えです。 

防災備蓄品としての役割もある缶詰ですが、ぜひ普段使いとしてたくさんのシーンで食べてもらいたい、普段から、今日のおかずのプラスワンとして缶詰を利用してください、とおっしゃっていました。ちなみに缶詰は長持ちはしますがやはり賞味期限がありますので、防災リュックの中や棚の奥の缶詰は定期的に期限を確認して、近いものは美味しく食べて、新しいものを補充していただく。そんなローリングストックを買い足す時にも、ぜひいつもとちがった新しい味の缶詰にも注目してみてください。

https://www.shidakanzume.jp/

1 2 3 4 5 6 7 8 21
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW